石橋湛山賞

prize

第43回

 

受賞作

スタンフォード大学社会学部教授 筒井 清輝著

人権と国家 ―― 理念の力と国際政治の現実〈 岩波新書 2022年2月刊 〉

防衛省防衛研究所主任研究官 千々和 泰明著

戦争はいかに終結したか ―― 二度の大戦からベトナム、イラクまで〈 中公新書 2021年7月刊 〉

受賞者略歴

スタンフォード大学社会学部教授

筒井 清輝(つつい きよてる)氏

1971年東京都生まれ。1993年京都大学文学部卒業。2002年社会学博士(スタンフォード大学)。ニューヨーク州立大学ストーニーブルック校助教授、ミシガン大学社会学部教授等を経て、現在スタンフォード大学社会学部教授。同大ジャパン・プログラム所長、人権・国際正義センター所長。東京財団政策研究所研究主幹。
主な著書に『Rights Make Might: Global Human Rights and Minority Social Movements in Japan. Oxford University Press, 2018.』、『Corporate Social Responsibility in a Globalizing World. Cambridge University Press,2015.』(共編著)、『The Courteous Power:Japan and Southeast Asia in the Indo-Pacific Era. University of Michigan Press,2021.』(共編著)がある。

防衛省防衛研究所主任研究官

千々和 泰明(ちぢわ やすあき)氏

1978年生まれ。福岡県出身。2001年広島大学法学部卒業。2007年大阪大学大学院国際公共政策研究科博士課程修了。博士(国際公共政策)。内閣官房副長官補(安全保障・危機管理担当)付主査などを経て、現在防衛省防衛研究所戦史研究センター安全保障政策史研究室主任研究官。
主な著書に『大使たちの戦後日米関係―その役割をめぐる比較外交論 1952-2008年』(ミネルヴァ書房、2012年)、『変わりゆく内閣安全保障機構―日本版NSC成立への道』(原書房、2015年)、『安全保障と防衛力の戦後史 1971~2010―「基盤的防衛力構想」の時代』(千倉書房、2021年、第7回日本防衛学会猪木正道賞正賞)、『戦後日本の安全保障―日米同盟、憲法9条からNSCまで』(中公新書、2022年)がある。

選考過程と授賞理由

2022年度・第43回の「石橋湛山賞」(一般財団法人石橋湛山記念財団主宰、株式会社東洋経済新報社・一般社団法人経済倶楽部後援)は、筒井清輝氏の『人権と国家――理念の力と国際政治の現実』(岩波新書、2022年2月刊)ならびに千々和泰明氏の『戦争はいかに終結したか――二度の大戦からベトナム、イラクまで』(中公新書、2021年7月刊)に決定しました。

全国の有識者から推薦いただいた40余の著作・論文の中から、厳正なる審査を行いました。最終選考委員会での選考に残った両氏の著作は極めて水準が高く、昨年に引き続いて、2作品への同時授賞となりました。

筒井清輝氏の『人権と国家』は、人類普遍の理念としての「人権」の確立を歴史的に解明しています。他国の内政に干渉してまで、普遍的人権を守るべきだとする規範の確立について、奴隷貿易撤廃運動から世界人権宣言、国連人権委員会や人権NGOの活動など、具体的な例を引きながら、体系的に分析しています。国際的に人権外交の重要性が増すとともに、国内的にも人権への配慮が求められる現在、日本の「人権力」の強化が今日的課題だとしています。

一方、千々和泰明氏の『戦争はいかに終結したか』は、第1次、2次世界大戦からベトナム、イラク戦争までの歴史的事例研究を通して、戦争終結の形を、パターン化し考察したユニークな書です。「将来の危険」と「現在の犠牲」のバランスの中で、優勢な勢力が「紛争原因の根本的解決」か「妥協的和平」のどちらを選択するかで、さまざまな戦争終結の形がありうるとします。戦争が何故始まったかの研究は多いが、戦争の終わらせ方、出口を論じたものは少なく、日本の安全保障を考える上で有意義な書として評価されました。

ロシアによるウクライナへの軍事侵攻によって、世界は新たな安全保障と人権の危機にさらされています。両書はウクライナ侵攻以前に上梓された著作ですが、現在の状況を考える上でも、示唆するところが多く、その点からも高く評価され、同時授賞とすることといたしました。

なお、授賞式は11月21日(月)、東洋経済ビルで行われます。

2022年9月
一般財団法人 石橋湛山記念財団