石橋湛山研究学会

INSTITUTE

石橋湛山研究学会は、石橋湛山の生涯や業績などについての学術的な研究のために、石橋湛山記念財団を中心に設立されました。

活動内容

  1. 研究会・講演会・シンポジウムなどの開催
  2. 種々の媒体を通じた情報の提供
  3. 石橋湛山顕彰事業等との連携
  4. その他会の目的達成のために必要な事業

会員の種類

本学会では、研究会の充実のために、定説や既成概念にとらわれることなく種々の考え方をぶつけ合うことが必要であると考え、リサーチ会員および、それを支援し建設的に批評するオウディット会員の枠を設けました。

リサーチ会員
研究学会において研究報告を行う
オウディット会員
研究報告の義務を負わないが、上記活動の質的向上に貢献する

執行部名簿

会長
猪木 武徳
現職
大阪大学名誉教授
副会長
浅野 純次
東洋経済新報社社長
世話人
上田 美和
現職
共立女子大学准教授
小室 正紀
現職
慶應義塾大学名誉教授
鎮目 雅人
現職
早稲田大学教授
鈴村 裕輔
現職
名城大学准教授
藤原 帰一
現職
東京大学大学院教授
吉川 洋
現職
立正大学学長

研究学会会員は随時募集中

現在の会員数は、総計約160名(リサーチ会員60名、オウディット会員100名)です。入会をご希望の方は、ご案内(PDF)会則をお読みいただいた上で、所定用紙をメール添付またはファックスで石橋湛山記念財団までお送り下さい。

会費:
無料
審査:
入会申請の際、承認審査あり
研究学会入会はこちら
研究学会入会は
こちら